アーティストインタビューについて


2020年4月からスタートした<Sparkle Express アーティストインタビュー>

このコーナーは、アーティスト・表現者として、音楽だけでなく、絵やイラスト、ダンスや書道、ハンドメイドなど、なにかしらの

【表現】

をしている方にインタビューするコーナーです。

“アート” は音楽だけではない

「アーティスト」というと、今はミュージシャンと同じ意味で使われていることが多いかと思います。
もちろん音楽も「アート」なので、間違いではありません。
私たちもミュージシャンを「アーティスト」としてご紹介してきました。

あるときに気付いたのが、「アート」というのは【芸術】。
音楽に限定していないということ。

そして芸術を作り出すのは、私たち「人間」、もっと視野を広げると「自然」そのものと言ってもいいでしょう。

そのように考えたときに、「アート」とは「生きること、自然」とも同じではないか、つまり、誰もが「アーティスト」である・・・

ただ、それではコーナーとして視点がズレてしまうため、「何かを創り出す」方々にスポットをあて、

音楽をはじめとした、絵画や書道、写真などの美術的要素、各種ダンスの運動的・美術的要素、手芸・工芸などの作品の創作、コーヒーやお茶へのこだわりなどの創作や表現活動をされている方のほか、創作や表現を指導している方にインタビューをしていくことにしました。

多様なジャンルがあっていい

今、思いつくジャンルを挙げていくと

・音楽
シンガー、作詞、作曲、編曲、シンガーソングライター、演奏家など
歌のあり・なしは関係なし
オリジナル曲をお持ちであれば、1曲お送りください。
ご紹介するタイミングはこちらで決めさせていただきますが、極力、インタビューと連動してご紹介したいと考えています。

・制作系
 ・美術、イラスト:絵画制作、イラストレーター、漫画家、CG制作など
 ・写真、モデル:カメラマン、モデルなど
 ・書道、華道など
 ・手芸、工芸など
 ・料理、お菓子作り、パン作りなど
 制作した作品の画像は、ホームページや番組SNSでもご紹介いたします。

・運動系
 ・ダンサー、エアロビクス、チアダンス、バレエなど
 ・アスリート
 ダンスの写真など、動いている様子がわかる画像をいただきましたら、ホームページや番組SNSでもご紹介いたします。

その他、占いなどの鑑定で人生をクリエイトするサポートをしている方など、ジャンルは多岐にわたります。

ご自身の活動が該当するかどうかにつきましては、直接お問い合わせください。
該当しない場合でも、他の番組の取材のコーナーをご提案させていただきます。

創作とその指導をしている=アーティスト

「創作」あるいは「創作のための指導」をしていることであれば、対象となります。

インタビューは全国対応可能。そして、プロ・アマは問いません
創作や表現を楽しみ、教えることでその楽しさを伝えている方に出ていただきたいと思っています。

個人でも出演可能ですし、サークル活動でも可能です。
(オンライン出演の場合は、ZOOMを使える方限定になります)

番組からもオファーをかけることがございますが、このコーナーでご自身の「表現」をアーティストとして伝えたい方も募集しております。

インタビューに出たい!気になる!方の問い合わせ先はこちら

番組のメールアドレス spes201804@gmail.com までお送りください。

または、番組公式TwitterやInstagram にて、#spes779 をつけて投稿してください。各SNSのダイレクトメッセージでも承ります。

☆Twitter https://twitter.com/sparkleexpress3
☆Instagram https://www.instagram.com/sparkleexpress779/
☆Facebook https://www.facebook.com/sparkleexpress779/
☆LINE https://lin.ee/xx7AN9l

ただいまコロナウイルスの感染拡大を防ぐために、インタビューに出かけることは自粛しておりますが、Zoomアプリを使って遠隔での収録も行なうことができます。

その場合は、コロナウイルスの脅威がなくなってから、改めてZoomを使ってインタビューされた方に直接会いにいきたいと思います。

このコーナーへは何度でもご出演していただけますし、遠方で直接お会いする日程が合わない場合は、コロナウイルスの脅威がなくなった後でも、まずはZoomで収録して放送という形も取ることができます。

しばらくは、まこぱんだが編集長をしているラジオ「きらっとすまいる」取材のコーナーからセレクトしたインタビューも交えてお送りしていきます。

TOPに戻る>


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る